皮膚科

皮膚科アイコン
人間の身体は汗をかくことで体温を一定に保っています。人によっては必要以上に汗をかいてしまうことで、日常生活に支障を及ぼすことがあり、これを多汗症といいます。
皮膚科科イメージ1

多汗症の種類

多汗症は、全身に発汗が多くみられる「全身性多汗症」と、手のひらや足の裏、脇、顔、頭部など身体の一部で発汗が多くみられる「局所性多汗症」に分けられます。
「全身性多汗症」の場合は甲状腺異常や糖尿病、分泌代謝異常や神経疾患などに合併するものとがあります。「局所性多汗症」の場合は精神的緊張や、末梢神経の損傷などが原因になっている場合もあります。しかし、明確な原因がない場合も多くあります。

多汗症の治療

汗をかく量が多すぎることで、日常生活に支障がある場合、医療機関で治療を受けることで改善することがあります。
治療にはいくつかの方法がありますが、外用薬や内服薬といった、医師処方薬から試す場合が多いです。
まずはご自身の症状を医師に伝え、適切な治療法を相談することが望まれます。

医師が処方します

症状やお悩みに合わせて医師が処方します!
患部を見せなくてOK!

処方薬一例

  • エクロックゲル
  • プロ・バンサイン
  • ラピフォート
  • アポハイド
  • など
セカンドドクター オンライン診療はこちらからセカンドドクター オンライン診療はこちらから